• サイトマップ

お知らせ

建設が進む流水型ダム

平成28年10月11日(水)に流水型ダム建設現場において、堤体コンクリート打設の安全祈願祭と初打設見学会が行われました。
昨年まで河川を切り回すトンネル工事を行ってきましたが、春先から河川をトンネルに導く作業を開始して、平成28年4月25日に河川をトンネルに転流しました。
その後、ダム堤体部分の掘削作業に入り、重力式コンクリートダムを支える基礎岩盤を確認しながら、約57,000立方メートルを掘削しました。また、掘削作業を進めながら
コンクリートを製造する仮設プラントの建設を行い、コンクリート初打設を行いました。

今後は、来春以降本格的なコンクリート打設作業に入りますが、これまで同様に河川環境の保全に配慮して、工事を進めて行きます。

●最上小国川流水型ダム建設室 : 29-1407

お知らせ